ごあいさつ

HOME | ごあいさつ

ごあいさつ

「死にざまは生きざま」──叔父の死から学んだ、この体験が『ゆいごん白書®』誕生のきっかけとなりました。「どのような最期を迎えるか」で、その人の人生の輝きが変わってきます。
「同じ人生なら、ハッピーエンドで締めくくりましょうよ」。
そんな思いをカタチにしたのが、あんしん未来シート『ゆいごん白書®』(商標登録済)です。
 
もしもの時に必要な項目だけに絞って、それをチェック式で答えていけば完成する『ゆいごん白書®』を世に送り出したことで、たくさんの感動物語が生まれています。
ある時は、70代の男性から「『ゆいごん白書®』を作ってくれてありがとう」とお礼の電話をいただきました。聞けば、事情があって学校に行けず、「読むのはなんとかできるようになったけど、書くのは苦手。『ゆいごん白書®』はチェックするだけだから有難いわ。これで子どもたちにも迷惑をかけずに済む。本当にありがとう」と、穏やかな声で何度も御礼を言ってくださいました。
このほかにも、「長年、会話のなかった息子から、初めて飲みに行こうと誘われました」「健康や家族、人生について改めて考えるきっかけになりました」「もっと1日を大切に生きないといけないなぁと夫婦で話しました」など、たくさんの嬉しいお声をいただきました。
 
経営「健康診断」100~社長版『ゆいごん白書®』~誕生のきっかけも同じです。
社長も一個人。業績が悪化し、会社が倒産したり、後継者がいなくて廃業になってしまうと、後悔を残し最期を迎えてしまうかもしれない。
私たちが届けたい思いは、ただ一つ。「社長職に責任と誇りをもち、最期まで後悔なき人生をおくってほしい」──社長版『ゆいごん白書®』には、そんなメッセージが込められています。
 
弊社では、それらの『ゆいごん白書®』を使って作成講座や認定講師養成講座を開催。現在、北は岩手県から関東、関西、九州まで60名(2021年3月現在)の認定講師が誕生。新聞13紙にも取り上げていただき、全国から問い合わせも多数いただいております。
 
また、「終活」「経営」「寺活」「SDGs」のお悩み事、ご相談事について、その道のプロに無料でお繋ぎする「コンサルの窓口TM」(商標登録申請中)も2021年6月に開設します(準備中)。
 
2020年12月には、国際SDGs推進協会より「SDGsベスト企業賞」をいただき、同時に『ゆいごん白書®』は国際SDGs推進協会の公認商品にもなりました。
「誰ひとり取り残さない」というSDGsの基本理念を、これからも株式会社はっぴぃandプロジェクトは『ゆいごん白書®』「コンサルの窓口TM」通して広めてまいります。
 
今後ともご支援・ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。
 

株式会社はっぴぃandプロジェクト
代表取締役 辻 瑞惠